ヒリヒリ荒れたりニキビになりやすい敏感肌、それでもエイジングケアや美白ケアはしておきたいですよね。

ただ、敏感肌は丈夫な肌に比べて、エイジングケアや美白ケアの効果を実感しにくい事があるんです。その理由について解説しますね。

敏感肌は老化とシミになりかけの肌?ケアの効果が追いつかない事も

敏感肌とはどういう状態なのかというと、肌を外部刺激からまもる皮脂や潤いが減ってしまい、肌が荒れやすくなっている状態を言います。

肌の外側には皮脂の膜があり、その下の角質層では肌細胞やその間を満たしている細胞間脂質にはたっぷりの水分が蓄えられているのが元気なお肌です。

これが強い成分の洗顔料で皮脂を落としすぎたり、様々な事情で乾燥してしまうと肌をまもるバリア機能が失われ、肌トラブルが起きてしまうんです。

肌トラブルとは炎症の事、つまり肌が傷つきダメージを受けている状態です。そのダメージが角質層の下、真皮に到達するとシワ・シミ・たるみなど、肌老化が急速に早まってしまうんですね。

つまり、敏感肌とは老化やシミになりやすい、またはもうなりかけている状態のお肌という事なんです。なので、エイジングケアや美白の化粧品を使っても「なかなか良くならないな?」という結果になりがちです。

敏感肌の人こそ美白・エイジングケアを続けてほしい理由とは?

ただ、効果を実感できないと感じていても、美白やエイジングケアに意味がないわけではありません。むしろ、なんとか肌の老化・シミをエイジングケアや美白化粧品が食い止めていてくれている状態かも知れないんです。

今は効果が実感できなくても、敏感肌の人はエイジングケアや美白を絶対やめないで下さい。やめると状況が悪化してしまう可能性が高いんですね。

エイジング・美白効果を得やすい!敏感肌用化粧品の条件5ポイント

敏感肌だと老化やシミを食い止める程度で、今より綺麗になるようなケアは無理なの?ここまでの話でそう思ってしまった人もいますよね。

でもそんな事はありません。選ぶ基礎化粧品によっては、敏感肌の人でもエイジングケア・美白効果を実感する事ができるんですよ。では、どんな化粧品を選べば良いのでしょうか。

  • 【1】コラーゲンを生み出すエイジングケア成分が配合されている
  • 【2】セラミドなど保湿効果が高い成分が豊富に含まれている
  • 【3】肌荒れを抑える消炎成分配合で肌老化をしっかり予防する
  • 【4】美白成分は肌荒れしにくい低刺激なものを配合している
  • 【5】アルコール・香料・着色料不使用の肌にやさしいコスメ

エイジングケアにはコラーゲンを生み出す成分が欠かせない!

肌のコラーゲンとは、肌の奥底の真皮にある繊維状たんぱく質組織の事です。その役目は、肌の形やハリを保つ事なんですね。

そのコラーゲンが肌荒れの炎症で損傷したり、年齢を重ねてコラーゲンを生み出す力が落ちていくと肌は形を保てなくなり、シワやたるみを起こしてしまうんです。

コラーゲンはよく聞く美容成分ですが、そのまま塗っただけでは保湿効果しかありません。エイジングケアのコスメで大切なのは、コラーゲンを生み出す成分になります。

代表的なのがビタミンC、そのほかにもCVアルギネートなど、塗るだけでコラーゲンの生成を助けてくれる成分がオススメです。

敏感肌の人は肌が荒れがちで、真皮のコラーゲンがズタズタになっている場合も少なくありません。できるだけ若いうちに、コラーゲンを生み出す効果がある化粧品でケアしてあげましょう。

保湿力と消炎成分で荒れない・衰えない肌を目指そう!

そして、エイジングケアでも美白でも重要なのが保湿です。最初でも触れましたが、肌のバリア機能は皮脂と潤いで保たれています。水分を補ってあげる事は、肌を荒れにくくするのに大切なんですね。

保湿成分にもいろいろありますが、最もオススメの保湿成分はセラミドです。セラミドはもともと肌に存在していて、水分を蓄える作用が強い物質です。乾燥が原因のシワにもセラミドは大きな効果を発揮するので、エイジングケアにも有効なんですよ。

あと、消炎成分が入っている基礎化粧品も大切です。肌のヒリヒリ炎症を鎮めてくれて、肌のダメージから来る老化を最小限にしてくれます。

刺激は徹底カット!美白効果があっても肌にはやさしいものを

美白化粧品は人気がありますが、肌を白くする成分は肌への刺激が強いものも多く、敏感肌の人にとっては相性の良くない化粧品がかなり多いんです。

ハイドロキノンやあまり高濃度のビタミンC誘導体などは刺激が強いので、これは避けたほうが良い成分ですね。選ぶなら、エスクレシド・セイヨウノコギリソウ・トラネキサム酸などが低刺激で美白効果が高い成分です。

あと、アルコールは乾燥を招くのでスキンケアには逆効果ですし、香料や着色料とだけ書いているコスメも何が入ってるかわからないので避けたいですね。

敏感肌でもエイジングケア・美白を諦めない!

このように、ちゃんとポイントを押さえて基礎化粧品を選べば、敏感肌の人でもエイジングケア・美白効果を得る事ができるんですね。

自分はそういう肌質だから・・・と諦めずに、きちんと効果のあるコスメを選んでお肌の悩みを解消しましょう。エイジングケアも美白も、敏感肌だからと諦めなくて良いんです!