年代別に起きやすい肌荒れの特徴的な症状とは?

年代別の特徴的な肌荒れの症状

肌は年齢とともに変化しているので、年代別に起こる肌荒れも違いがあります。

あらかじめその対策を知っておくことで、肌荒れが起きた時に適切なケアをすることができますから、まずは基本的な知識を覚えておくようにしてください。

赤ちゃんの肌は外部環境に特に敏感

産まれたばかりの赤ちゃんの肌は、外の環境に敏感なので、乾燥しやすく、湿疹や、アトピーなども起きやすいです。

特にアトピー体質を持っている赤ちゃんや子供は、早めに適切なケアをすることで、症状の悪化を防ぐことができます。

アトピーや湿疹で悩んでいる子供や赤ちゃんは、早めに皮膚科に行って軟膏を処方してもらったり、低刺激のローションや石鹸で肌を清潔に保ち、乾燥を防ぐことが大切です。

肌に刺激の少ない石鹸やクリームを使用することで、肌荒れの対策になります。

10代の肌荒れといえばやはりニキビ

小さい子供は乾燥を防ぐことで、肌トラブルの対策になります。中学生から高校生の思春期になると、皮脂の分泌も盛んになるのでニキビができやすくなります。

個人差もありますが、こまめに顔を洗ってローションと乳液で肌を整えておくことで、肌荒れやニキビの悪化を防ぐことができます。

年齢では、10代半ばから後半までニキビが出る人が多いので、自分の肌の質を知り、日ごろからケアをすることも大切です。

ニキビ予防の洗顔クリームを使ったり、クリームを使うのも良いでしょう。汗をかいたらこまめに洗顔するなど、肌を清潔に保つことが大切です。

20代から30代の女性は大人ニキビの悩みも

20代30代の女性で多いのが、大人のニキビです。肌トラブルではニキビが一般的ですが、大人になってから出来るのはストレスや毛穴の汚れ、脂っぽい食事なども影響しています。

大人ニキビができたら、睡眠不足やストレスに気をつけて、食生活の乱れを防ぐことが大切です。

大人ニキビは30代の女性にも多いので、大きな出来物ができたり、赤くなって腫れたりします。薬を塗って肌を清潔にすることで、症状の悪化を防ぐことができます。

40代から50代になると、女性ホルモンのバランスが乱れて、乾燥肌に悩む人も多いです。保湿を心がけて、毎日こまめにケアすることが大切です。