赤ら顔も肌荒れの一つなの?原因と改善方法教えます

肌荒れとして、ニキビや乾燥、シミやしわと様々な種類がありますが、赤ら顔も肌荒れの一つとなります。

赤ら顔にも二つの種類に分けることができ、緊張したりストレスによるものと、元から皮膚が薄いという場合があります。

毛細血管の拡張が原因で頬が赤くなることがある

拡張などによるものは、顔に血液が溜まり、拡張することによって赤くなってしまいます。顔の皮膚が薄い場合は、血管が透けてしまうため、赤く見えてしまいます。

特に頬や鼻は毛細血管が集まっているため、赤く見えやすい場所となっています。

皮膚が薄い方は、気温の変化でも影響を受けやすくなっています。血管によって赤く見えてしまうだけでなく、皮膚自体が原因で赤くなってしまっている場合もあります。

原因としては、ニキビによる炎症や、ニキビ跡によって毛細血管が増えてしまっているということもあります。肌のかぶれなどの肌荒れによって赤ら顔になってしまうという場合もあります。

肌のターンオーバーを促進して赤ら顔の対策をしていこう

肌自体が赤くなっているという方は、肌のターンオーバーを促進させる習慣を取り入れていきます。ターンオーバーを促進させる習慣としては、睡眠の質を上げる、適度な運動、ビタミン類の摂取となります。

血管が拡張して赤くなってしまうという方や、皮膚が薄いという方は、これ以上悪化させないように皮膚を薄くしてしまう習慣を無くしていきましょう。

皮膚を薄くしてしまう習慣としては、スキンケア、洗顔の際に肌を擦ってしまうとことになります。肌の摩擦を最小限にして、スキンケアや洗顔を行っていきましょう。

改善方法としては、クリニックでレーザー治療やフォトフェイシャルなどを行うことで赤ら顔を治療することができます。

病院に行かないで改善する方法としては、血管を拡張させてしまわないように、自律神経を整えたり、アルコール、香辛料などを控えるようにしていきます。

血管の拡張ですが、腸内環境も原因の一つとして考えられています。腸内環境の乱れはさまざまな肌荒れを引き起こすため、環境を整える発酵食品や野菜を普段の食生活に取り入れるようにしていきましょう。